知っておきたいOAフロア情報

意外と知らないOAフロア情報をまとめました

OAフロアを導入するにあたり、どんな場所や用途について展開するのが理想的かを状況説明も含めて解説しています。この記述によりこれからOAフロアを導入しようとしている企業担当者への参考資料として、関連部門へ展開する補助材料となります。
またその際の注意点その他について記述することによって、初期投資の予算化などを展開する上での参考にもなるのです。メリットとデメリットを明確にすることで、社内におけるFAQ展開にも役立ちます。

OAフロアは主にどんな場所で導入されている?

OAフロアは主にどんな場所で導入されている? OAフロアへの導入ですが、一般的には企業のマシンルームへの施工が挙げられます。
基本的に元々の部屋から10~20cmほど床を上げて、その間に各ケーブルや電源機構その他を敷設する為のスペースを有効活用することが趣旨となります。
各端末からLANなどのイントラネットワークで接続されるサーバーや基幹システムの設置がメインとなる訳ですが、最近の企業の一部ではクラウド化による自社システム構築を同設置場所で行なうという点が減少傾向にあるようです。
また企業方針によっては、コールセンターやヘルプデスクなどの端末が多数集まってオペレーションを行なう場合にも、OAフロアとしての役割りを展開するケースがあるのです。
いずれにしてもスペース利用を特化することで、企業イメージの改善を求める為に進められてる対応といえるのです。

OAフロアの構造とは?

OAフロアの構造とは? OAフロアの構造は、本来の床の上に新たなる床を設けて、その間に配線などの床の上にあるものを全部そこに回してしまうというフロアです。
最近ではOAフロアはビジネスの部屋では当たり前となっているといってもいいでしょう。配線が床の上を這っていると危なくて仕方がないというのが常識ともなっています。今はどんどんとオフィスのデジタル化が進んでいるでしょうから、基本的に配線がないような部屋はないとも考えられます。
そのような場所で配線がむき出しとなって人が歩いたりするようなところにあると、必ず転んだりするような事故が起きます。ですから、OAフロアは今ではビジネスの部屋では当たり前のものとなっているのです。
配線が無ければ当然そこで生じる転倒などのトラブルはありませんし、人が配線を引っかけてコードが抜けてしまうなどのこともありません。人はそんなことするのかというぐらいにびっくりするようなミスをします。ましてや、歩いている時というのは、かなりの不安定な状態ですから、配線が外に出ているというのは大きな危険性をはらんでいる状態だといえるでしょう。その状態をリスクのない状態にしてしまえるのがこのOAフロアということです。

おすすめOAフロア関連リンク

豊富なラインナップとお買い得価格が魅力の専門ショップです。

OAフロア


Copyright © 2017 知っておきたいOAフロア情報 all rights reserved.